各社の引越し価格を調べてみよう

18.03.13 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

安く引越しをしたいなら各社の引越し価格を調べる必要があります。
引越し価格はそれぞれで異なりますので、比較をしてから決めるようにしましょう。
その際に必要となるのが見積もりです。
見積もりを集める時はインターネットが便利です。
インターネットなら24時間いつでも気の向いた時に見積もりの請求を行う事ができます。
また、今はパソコンだけで無く携帯電話などでも申込みを行えますので、いつでもどこからでも見積もりの請求を行えます。

見積もりが集まったらその中から数社リストアップ

見積もりが集まったらその中から数社リストアップしておきましょう。
見積もりの料金からさらに安くしてもらう為に値下げの交渉を行います。
引越しの料金は値下げできないと思っている方も多いですが、案外簡単に下げてもらう事ができます。
交渉をするのとしないのとでは、大幅に料金が異なる事があります。
損をしない為にも交渉に挑戦してみましょう。
交渉する時には他社の見積もり額を引き合いに出すようにしましょう。
また、それぞれの企業に交渉する事も大切です。

リストアップした企業全部に交渉を行い、どんどん料金を安くしてもらいましょう。
底値になった時に契約すれば費用を大幅に抑える事ができます。
しかし、大切な道具類を運んでもらうわけですので、企業の信頼性も大切です。
いくら料金が安くても乱雑な扱いをされたり、荷物を壊されてしまっては意味がありません。
信頼のおける業者に依頼する為にも事前に評判を調べておくようにしましょう。
口コミサイトなどを利用すれば企業の評判を知る事ができます。

引越し見積もりサイトをお探しならコチラへ→引越し見積もり│一括でラクラク!100社以上の中から一番安い業者が分かる

引越し価格のオプション料金

18.03.13 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

引越し価格の内訳は「運送料」「実費」「オプション」です。
運送料は国土交通省によって、請求できる運送料上限が決められています。
実費は荷物の量などで変わってくるので一概にはいえませんが、引越し相場を見てみれば、どの程度かかりそうか見えてきます。
相場としては単身者の引越し50,000~60,000円、家族の引越し100,000~120,000となっています。
条件によって異なるので、あくまでも目安ですが参考にはできます。

オプションをつけると別途料金がかかる

ただ、問題はオプションですね。
オプションというと、ピアノ運搬、不用品処分、ハウスクリーニング、エアコン取付け・取外しなどがあります。
オプションをつけると別途料金がかかりますので、そこも考慮しなくてはいけません。
また、オプションの相場も条件や引越し業者により異なるので一概には言えないのですが、大よその相場は出ているようです。
オプションの中でも特に依頼が多い、ピアノ運搬とエアコンの取付け・取外しの相場を見てみます。

ピアノ運搬の相場は40,000~45,000円、エアコンの取付け相場は10,000~15,000円、エアコンの取外し相場は5,000~10,000円です。
相場としてはこのようになっていますが、実際には業者によってかなり開きがあり、数万円の差が出ることもあります。
そのため、引越し業者を選ぶときはオプション料金がいくらになるのかという点も重要になってきますね。
まずは複数の引越し業者の見積もりを取って比較してみましょう。

引越し価格の相場について

18.03.13 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

見積もりから引越し費用を検討してみるにしても、まずはその見積もり価格が高いのか安いのかという問題があります。
基準が分からなくては、いくら見積もりを取っても納得することはできませんよね。
引越しの相場は、引越しの条件によって異なってきています。
いくつかの相場が算出されているのですが、全国の取引き件数が最も多い資料を参考にしてみます。
単身者の引越し「引越し条件:1Fから1F、1K~1DK、100km圏、トラック2t・1台、作業員2名」50,000~60,000円家族の引越し「引越し条件:1Fから1F、2DK~3DK、100km圏、トラック4t・1台、作業員3名~4名」100,000~120,000円ここに含まれている他の条件としては、大型荷物の運搬、荷解きのみです。
つまり、基本的な荷物の梱包や荷解きは自分で行うことが条件です。
引越しと一口にっても人によってそれぞれ条件が異なってくるので、一人一人の条件から相場を算出するのは難しくなっているのが引越し相場の現状です。

複数の引越し業者から見積もりを取って比較

この相場はあくまでも目安ですので、きちんとした参考になるかと言われたら当てにはできません。
もし自分の引越し条件から相場を算出したいというのなら、複数の引越し業者から見積もりを取って比較してみる方法が一番早いでしょう。
複数の業者を比較してみれば、自分の条件での引っ越しにいくらかかるのかおおよそ見えてきます。
最低でも3社くらいから見積もりを取れれば、相場もわかるでしょう。
また、見積もり比較をすることで安く請け負える業者も見つかりますよ。

引越し価格の内訳について

18.03.13 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

引越し価格の内訳について知っておきましょう。
引越し価格は「運送料金」「実費」「オプション」から算出されます。
まず運送料ですが、これは引越し移動が100km圏内なら時間制(4時間制・8時間制)で算出され、100km圏以上なら距離制(基本距離100kmから加算式)で算出されます。
これは国土交通省による規定です。
そのため、請求される運送料金は引越し条件によって上限がありますので、ここを注意しておきましょう。

実費は人件費、トラックのサイズ・台数、梱包資材などがあります。
たとえば運び出す荷物の量が多ければ、人件費もトラックのサイズも梱包資材も多くなってしまいます。
人員の目安としては単身引越しの場合は2人、ファミリー引越しの場合は3人~4人です。
もし、引越し価格を抑えようと思ったら、実費を抑える方法を考えてみてください。

オプション

そしてオプションですが、これはエアコンの取付け・取り外し、ピアノ運搬、不用品の処分などです。

引越し価格を大きく分けてみると以上のような内訳になっています。
見積もりを比較する際は、チェックしてみてくださいね。
また、複数の引越し業者の見積もりを比較してみることで、内訳は正確か、料金は他の業者とどの程度の差があるのかなども確認できます。
他の業者の見積書と比べてみて疑問に感じる点があったら、業者に問い合わせて質問してみてください。
見積もりはよく比較した上で検討すると、よい引越し業者にめぐり合えますよ。

引越し価格は高いです

18.03.13 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

引越し価格は本当に高いので、余り引越しをしたくはありません。
僕は今まで何度か引越しを体験してきていますが、本当に高いと感じ、引越しをする度に貧乏になっていると感じています。
そして引越し費用だけで終わらず、カーテンなどの備品など新しい住まいに行くと以前使っていた物が規格違いなどの理由で使い物にならないので、又新しい物を購入しないといけませんし、無駄なゴミなども大量に出てくるので、お金や資源の無駄にもなります。
最近では引越しをしてくれる業者さんも沢山増えてきて、各社料金やサービスの競争をしてくれているので、以前に比べてひかくをしてみると、引越しの価格も安くはなってきています。
僕は一円でも安く引越しをしたいので、数社から必ず引越費用の見積もりなどを貰って慎重に比較などをしていき、自分が納得できる引越し業者さんにお願いをするようにしています。


引越し業者さんのホームページ

最近では、インターネットの復旧でとても便利な世の中になってきていて、引越し業者さんもホームページなどを持っているので、サービス内容などが簡単に確認できるようになり、以前に比べて楽に業者さんを選んだり、見積もり請求などもできるようになり、ただでさえ、引越しで時間がかかり忙しい時に、無駄な時間を使わなくてすむようになってきたのでとても便利で快適を感じます。
今後もし引越しをする時には、必ず数社から見積もりなどを貰って慎重に比較などをして快適に引越しができるようにしていきたいです。